現在重要なもの|整体師の資格取得への近道|人の役に立つ仕事

整体師の資格取得への近道|人の役に立つ仕事

男女

現在重要なもの

介護

時代背景に則した制度改正

介護の資格は2012年度までは認定資格であるホームヘルパー1級、2級、介護職員基礎研修、国家資格の介護福祉士がありました。2013年度に制度改正があり、ホームヘルパーと職員基礎研修が廃止、代わりに初任者研修、実務者研修が認定資格となりました。制度改正の理由として、ホームヘルパー、職員基礎研修が混在してるため制度が複雑で、介護福祉士へキャリアアップがしにくいこと、職員の離職率を減らすために介護職を魅力的にすることが挙げられます。また、高齢化に伴い多様化する利用者のために、職員の質と技術を高める目的も理由の一つです。介護の資格はそれ以外にもケアマネージャーがありますが、ケアマネージャーになるとしてもまずは現場で働くことが必要なので、制度改正を行ったことは時代背景に対応していると言えます。

ステップアップするために

それぞれの資格はステップアップを目的として作られています。「初任者研修」は基礎的な技術と知識を見につけるため、専門の養成校で130時間のカリキュラムを行うことで取得できます。介護の専門家としての最初のステップです。「実務者研修」は高度な技術を要するために行われる研修制度、資格です。働きながら介護福祉士を目指す人は、実務経験3年とこの研修を受けなければなりません。カリキュラムの内容は6か月、450時間を要します。実務に加え喀痰吸引などの医療的ケアの研修も必要になります。現場で働く人の最終地点が「介護福祉士」です。資格を取得するには実務経験3年と実務者研修を受けて、国家試験に合格することが必要です。また、もう一つのルートとして、現在では専門学校等の養成学校を卒業すれば取得できますが、今後は卒業後の国家試験が必要となる予定です。介護の資格を取得するためには、以前よりも知識、技術が必要となり、今後は資格としての地位も高くなってくると予想されています。